閉じる
A . P . C .

Products

A.P.C.とはAtelier de Production et de Créationの略で、「生産と創造の工房」という意味です。
創造がなければ、衣服には魂がありません。
生産がなければ、創造は単なるアイデアにすぎません。
贅沢を排除した創造性は、A.P.C.のアイデンティティの核心です。
アトリエ、クリエーションスタジオ、生産部門が共同で、慎重にデザインされた耐久性のある衣服を、さりげない創造性と公正な価格で生産しています。

 

無駄をなくすためにA.P.C.はどのような行動をとっていますか?

ジャン・トゥイトゥは、未使用の素材や衣服を可能な限り再利用することを常に目指してきました。
A.P.C.では廃棄物を積極的に削減するために、再使用、転用、アップサイクル、およびリサイクルのためのさまざまなプロジェクトとプログラムが積極的に導入されています。

1987年  A.P.C.設立

1992年  Surplusストアオープン

2005年  アップサイクルトートバッグ

2008年  バトラープログラム

2010年  A.P.C. QUILT制作

2021年  リサイクルショッピングバッグ開始

 

売れ残った商品はどうなりますか?

1992年、A.P.C.はパリ中心部に初のサープラスストアをオープンし、売れ残った商品を割引価格で提供しています。
Surplusの店舗は現在、18区のButte-MontmartreのふもとにあるAndré Del Sarte通り、6区のJacob通りにあります。
日本では木更津、入間、長島にサープラスストアがあります。

 

残った生地はどうなりますか?

新店舗オープンなどのイベントに合わせて、生地の端材をトートバッグに変身させます。
またジェシカ・オグデンが2010年以来、ハンドメイドキルトを残反を用いてデザインしています。
各モデルは非常に限定されたエディションで作られています。

 

デニムをより環境に配慮したものにするにはどうすればよいですか?

誕生以来、A.P.C.はノンウォッシュの生デニムを大切にしています。
2008年、ジャン・トゥイトゥはバトラープログラムを開始しました。
A.P.C.のバトラージーンズは、お客様が長く履き、自然に色落ちした生デニムジーンズです。
その顧客様がそれをショップに持ち帰ったとき、彼らは第二の人生を歩み始めます。
顧客様は新品のジーンズを50%割引で購入し、自分のバトラージーンズを返却します。
バトラージーンズは、洗濯して修理した後、他の人が購入して着用することができます。
サーキュラーエコノミー、ジーンズは着用されることで価値が高まります。

A.P.C.はサーキュラーエコノミーを実践しています。
これらのジーンズは、着古され、別の顧客様が再び着用することで新たな価値を獲得します。

 

ショッピングバッグは持続可能ですか?

A.P.C.の新しいショッピングバッグは、リサイクル素材で作られており、繰り返し再利用できます。
ショッピングバッグの収益の一部はWWFジャパンに寄付されます。

 

A.P.C.はどのように素材を選択していますか?

プレタポルテのコレクションは、主に天然繊維で構成されており、ウールと綿が多く含まれています。
ブランドの創設以来、生のデニムが好まれてきました。これにより、汚染度の高いストーンウォッシュのプロセスを回避できます。
クロム鞣しよりも汚染が少ないとされるベジタブルタンニン鞣しは、レザーアクセサリーの製造に使用されます。
業界が環境問題に徐々に適応するにつれて、私たちのコレクションに含まれるオーガニックコットン、リサイクルウール、その他の環境に配慮した素材の割合は、毎シーズン増加しています。
A.P.C.は毛皮の使用を完全に止め、倫理的な原産地を証明するサプライヤーからの羽毛のみを使用することを約束しました。

 

A.P.C.のサプライヤー・パートナーとは?

数年間、A.P.C.ではサプライヤーパートナーの監査を実施しています。
その目的は、継続的な改善プロセスで彼らを支援することです。

 

A.P.C.で一緒に仕事をする方法は?

募集の際は、スキルと同じくらい人間性を大切にします。
ジャン・トゥイトゥにとって、積極的なコラボレーションの概念は不可欠であり、調和のとれた社会関係はA.P.C.にとって不可欠な目標であり、
彼はそれを「現実的なユートピア」とみなしています。クリエイティブと人間の両方のあらゆる観点から、A.P.C.という集団になることを目指しています。